アイシン・エィ・ダブリュ、瑞浪ソニー子会社跡地に新工場。

本日、夜7:30より可児市のライブハウスMIZにてジャズライブをやります。来てね!

 

さて、ローカルニュースです。

 

日刊工業新聞 11月23日 記事より

 

【名古屋】アイシン・エィ・ダブリュは26日、岐阜県瑞浪市で新たに工場用地と建屋(写真)を取得したと発表した。

瑞浪

 

取得費用などは明らかにしていないが、今後は自動変速機(AT)の工場として全面的に設備を改修する。ATの増産

 

で高まる国内工場の負荷を抑える狙いがある。取得したのはソニーの旧工場で、敷地面積22万4838平方メートル、

 

工場棟の建築面積は2万8800平方メートル。稼働時期は未定だが、国内では愛知県安城市や同岡崎市の2工場など

 

に続く5カ所目のAT工場となる。

 

同社はATの世界最大手。2018年3月期は前期比12・8%増の980万台のATを販売する計画で、生産体制の

 

拡充を急いでいる。

 

=記事はここまで=

 

ブラウン管製造工場として昭和59年に操業を開始したソニー瑞浪工場、2014年の9月の完全撤退により瑞浪市の

 

工場誘致の課題となっていました。ようやく工場誘致が決まり、影響のあった地元雇用社の減少や賃貸アパートの空き

 

室問題もいくらか解消できそうです。岐阜県内では瑞浪市同様に美濃加茂市もソニー撤退の影響を被っていて、200

 

0人の雇用を失った美濃加茂市は、一足先に千趣会が物流センターとして工場跡地を取得しています。お隣瑞浪市も「

 

やれやれ…。」ですな~。

 

 

 

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

英国 ネオニコチノイド全面禁止へ方針転換

有機農業ニュースクリップのニュース記事です。

 

2017 11月19日

 

■英国 ネオニコ全面禁止へ方針転換

 

英国はEUが進めようとしているネオニコチノイド農薬の包括的な禁止に賛成すると、11月9日付けのガーディア

 

ン紙(英国)が報じた。英国のマイケル・ゴーヴ環境・食料・農村地域(DEFRA)相が語ったもので、ネオニコ系

 

農薬によるミツバチなどへの悪影響を明らかにした最近の研究結果を考慮したものだという。英国は、EUにおけるイ

 

ミダクロプリドなどのネオニコ系農薬の禁止について、12月にも予想されるEU委員会の投票で賛成票を投ずるとい

 

う。 ゴーブ

EU委員会に投票においては、賛成国の人口が65%異常ないと可決できないが、英国は12.79%を占め、EU

 

のネオニコチノイド農薬禁止により近づいたといえそうだ。

 

英国のネオニコチノイド農薬の包括的禁止方針の「包括的」の中身は、EUが禁止しようとしているイミダクロプリ

 

ド、チアメトキサム、クロチアニジンの3種類だけに留まるのか、それともネオニコ系農薬全てなのかははっきりして

 

いない。

 

マイケル・ゴーヴ環境相は、「1千億ポンドある英国の食品産業のキーパーツであるミツバチなどのポリネーターに

 

もたらすネオニコチノイド農薬のリスクを明らかであり、ネオニコチノイド農薬とミツバチなどとの関係に関するこの

 

間の研究結果は、農薬を規制すべきであり、規制を正当化する」「ポリネーターを危険にさらすことは出来ない」とし

ている。

これらの研究は英国政府農薬専門家委員会で調査されている。「屋外環境でのネオニコチノイド農薬への曝露は、ミ

 

ツバチの健康に受け入れがたい影響を及ぼしうる」と結論したという。DEFRAの主任科学アドバイザーのイアン・

 

ボイド教授は「重要な問題は、ネオニコチノイドの使用が、ミツバチと他のポリネーターの個体数に対する悪影響を及

 

ぼすかどうかということだ。利用しうるエビデンスは、ネオニコチノイドの使用を制限する理由となる」と語ったとし

 

ている。

 

こうした英国政府の「方針転換」に、英国の環境保護団体バグライフは9日、「英国の方針変更を温かく歓迎する。

 

EU離脱は、生態系の健全性について、英国に今以上の権限を与えるが、世界的に最高の基準を適用することは不可欠

 

だ」とする見解を発表した。

 

フランスは昨年7月、種子処理された種子の使用を含めて、2018年9月よりネオニコ系農薬の全面的使用禁止を

 

可決した。例外的には2020年7月1日まで使用が認められるが、それ以降は全面的に禁止されるという。

 

今回のゴーヴ環境・食料・農村地域相の発言により、英国を含めてEU域内のネオニコチノイド農薬への流れはほぼ

 

確実になったのではないか。英国ではEU離脱を決めた直後から、離脱後の英国の環境政策の後退を懸念する声が出て

 

いた。

Categories: ハチたち, 日常の出来事, 未分類 | Leave a comment

東農西部養蜂組合の養蜂研修会がありました。

11月21日(火)下石公民館で1時30分より養蜂研修会が行われました。講師は、一般遮断法人日本養蜂協会

 

の副会長 羽佐田康幸先生。講演内容は、ミツバチの生態、ミツバチの種類、ハチミツの品質規格についてです。

羽佐田 康幸氏

羽佐田氏は、MAX1200群を扱う転飼養蜂家、養蜂のプロ中のプロ。ミツバチの生態については、経験則に科学的

 

な根拠まで分かりやすく説明がなされました。知らない話しも多くあり、大変勉強になりました。私の師匠が言って

 

いた「12月に給餌をしたらあかん!」の意味もようやく理解が出来ました。交尾女王蜂の迷い込み防止策などは、

 

すごく興味を引きました。来シーズンは試してみたいと思います。ご法度と思い込んでいた女王蜂のはね切りも問題

 

がないことが理解できました。その他、最近封印していた「無王・未交尾採蜜」も来期はもう一度復活してみたいと

 

思いました。

 

残念ながら、格王板養蜂をしてる人がほとんどの東農西部養蜂組合、そうでない養蜂家に向けた話しばかりでした。

 

特に、分蜂熱のお話しは、ちんぷんかんぷんの方も多かったと思います。話しを聞いていると、格王板養蜂にはな

 

にもメリットがないと感じます。プロがやらないわけです。

 

アメリカフソ病のアピテン代用薬のタイラン水溶液のの話しも加わり、質疑応答も過熱し、長い講演会となりま

 

した。

 

すごくいい話しばかり聞いたので、私ももっと頑張らないとな~。刺激になりました。頑張らないと・・・!

Categories: ハチたち | Leave a comment

寒い日には、いい~ね! かま濃の「カレーみそ煮込みうどん」。

昨日は、日中の気温も10度にも達せず、寒い1日でした。道の駅 志野・織部への納品を済ませ、温かいものが

 

食べたいと瑞浪方面へ・・・。しばらく国道19号線を東に車を走らせ、瑞浪の「かま濃」という名のうどん屋さ

 

んにたどり着きました。このお店、いつもお昼時には車が満車状態になっているので気になっていたお店です。

 

やはり、店内に入ると10名ぐらい待っている客さんがいて、20分ほど待ったでしょうか?ようやく名前が呼ば

 

れ、席に着きました。注文したのは「カレーみそ煮込みうどん」900円です。

カレーみそ煮込みうどん

みそ煮込みうどんに、カレーとひき肉のパテ状のものが2つ乗っけられていて、箸で溶いていきます。溶いていくと

 

カレーの香りがふわりと香り出します。でも、カレーが赤味噌の味を壊すわけでもなく、味噌の存在感はそのままに

 

香りだけカレーといった感じが気に入りました。あれ、卵も入ってね~な~?

 

体も温まり、寒い日にはお勧めです。

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

天下分け目の関ヶ原なら、味の分け目も関ヶ原!

司馬遼太郎の「関ヶ原」が完全映画化され、話題を集めていますが、「関ヶ原ってどこ・・・?」っていう人が多くて

 

残念です。関ヶ原は「岐阜県」なんですよ~! 岐阜県ですよ~、皆さん。

関ヶ原の合戦は、東軍ひきいる家康と西軍ひきいる三成との戦いですが、料理の世界でも東と西を分ける分岐点になって

 

いるようなんです。例えば、これからの時期よく食べられる「雑煮」なんですが、関ヶ原の東の岐阜県では汁の味付けは

 

醤油のすまし仕立て、西の滋賀県では白みそ仕立てです。餅も岐阜県では切り餅、滋賀県では丸餅、煮餅と焼き餅の違い

 

もこの辺りから変わります。私の地域ではこんな感じかな~?

うどんやそばに使われる出汁も、関東ではカツオ出汁の濃いめの出汁ですが、関西では薄めの昆布出汁が主流で、あのカッ

 

プ麺のどん兵衛もこの辺りを境に味が違うのだとか・・・。 ちなみに関東はEの文字、関西はWの文字が刻印されている

 

ようです。W E

さらには、うなぎの捌き方にも違いがあります。関西は「背開き」、関東は「腹開き」、関東で背開きが主流なのは、

 

江戸の武士文化から「切腹」連想しないようにだとか。反対に関西では、商人文化から「腹を割って話そう」という気

 

持ちからなのだとか・・・。焼き方も違いますしね!

 

あとは、関西では「豚まん」、関東では「肉まん」なんて呼びますよね~。

 

岐阜県はいいとこ取りで、そのどちらの文化も融合する場所なのかもしれません。

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

スタンハンセンの「ウィー!」と、ジャンボ鶴田の「オー!」。

昨日、ブログさぼっちゃったから、何でもいいから書いてやるぞ~!

 

最近はプロレスも観なくなったが、若いころは根っからのプロレスファンだった私、そういえば2年ほど前の

 

テレビ番組で久しぶりにスタンハンセンが出演していた。「ウエスタン・ラリアット」で一世を風靡したハン

 

センですが、他にも、彼の代名詞と言えば、人差し指と小指を立てて右腕を高く上げ、「ウィー!」と叫ぶ、

 

「勝利のおたけび」が有名でした。ところが、番組中にハンセンの口から、「最初から、ユース(Youth)と言

 

ってるよ!」と回答。そうだったのか~、ファンは声を揃えて「ウィー!」って言ってたのに~?

スタン・ハンセン

若いころに出向いたプロレス会場では、「ブレーキの壊れたダンプカー」と言われていたハンセンが、いつも読書を

 

している姿を見て、「荒くれ者」が毎回毎回読書なんかするわけないしな~? な~んていつも思ってました。

 

そして、同じ時代の日本の名レスラーと言えば、「ジャンボ鶴田」の雄叫び「オー!」なんですが、調べてみると、

 

本人が「オー!」と叫んでも、なかなかファンは無視、ところが、一部のファンがジャンボ鶴田の試合の最中に茶化

 

し気味にジャンボ鶴田を真似て、手を上げながら「オー!」とやったことがきっかけで、多くのファンの間に広まっ

 

たのだとか・・・? ジャンボ鶴田

若い時は、この2人のレスラーの試合を観て勇気をもらいました。

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

夏用の蓋のお掃除です。

昨日は、バタバタしててブログを書く暇がありませんでした。

 

そして今日は、朝からクソ寒く、薄氷がはるほど冷え込みました。たまっているおかたずけを始めていきます。

 

先ずは、回収した夏用の巣箱の蓋のお掃除です。蓋の内側に着いたプロポリスを削り落としていきます。

プロポリス除去

夏場はネチャネチャしているプロポリスも、これぐらい気温が下がるとハイブツールでぱりぱりと剥がれ落ちます。

 

削り落とした後は、バーナーで炙りふき取り、高圧洗浄機で洗浄し、その後は2種の納豆菌を吹き付けて倉庫に保管

 

していきます。今、プロポリスを掃除していますが、養蜂場に積み上げておいたため、思わぬお土産が着いていて、

 

作業を中断! 「屈せ~!」越冬に入り込んだカメムシです。

蓋に入り込んだカメムシ

とんだお土産だぜ~!

Categories: ハチたち | Leave a comment

ブルゾンちえみのミツバチのネタ、「・・・探さない、待つの♡」

今日は暖かいし、今シーズン最後の給餌作業です。今シーズンはいい蜂がたくさんできましたが、その一方で良くない

 

蜂も出来、その差がはっきりと出た年です。

 

さて、今年ブレイクした芸人と言えば、やっぱり「ブルゾンちえみ」ですよね~! そんなブルゾン、ミツバチのネタ

 

もやっているんです。そんなミツバチのネタを紹介したいと思います。

=そのネタがこちら・・・=

 

さいとう君ありがとう、いけだ君ありがとう、うえだ君ありがとう、みんな、拾ってくれてありがとう!

 

「あ~、女に生まれてよかった~♡」

 

どうも、効率的な仕事ぶり、充実した私生活、「キャリアウーマンです!」

 

ひとり身でさみしい働きウーマンのみんな~、

 

自分から「狩り」に出ないと、男なんてできないと思ってない~?

 

じゃあ、質問です!

 

花は、自分からミツバチを探しに行きますか~?

 

「・・・探さない、待つの♡」

 

撒いてごらん!自然と男は寄ってくるから~!

 

=以上=

 

なんですが、これはネタのお話しで、実際にブルゾンの私生活では全く男性が寄ってこないとか・・・?

 

やはり、待ってたらダメなんですよね~! 「狩り」に出ないと・・・。

 

横浜の市会議員の「輿石かつこ」さんぐらい積極的に「狩り」に出ないとね・・・? これもダメか!

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment

やっと、スズメバチ捕殺器を取り外しました。

今日は、寒気が入り込んでいるのか気温が上がりません。作業中もお昼近いというのに8℃しかなく、巣箱の蓋を

 

開けるの諦め、今頃、やりっぱなしになっていたスズメバチ捕殺器をすべて取り外す作業です。

取り外したスズメバチ捕殺器

ついでに置きっぱなしだった夏用の蓋を回収してきました。これから夏用の蓋のプロポリス取りと、洗浄作業をして

 

いきます。いつもなら11月20日に越冬準備が完了をしているのですが、今年は雨が多かったせいか全ての作業が

 

先延ばしになり遅れています。頑張らないと・・・!

Categories: ハチたち | Leave a comment

昭和のお肉屋さんの味の「イタリアン・スパゲッティー」。

今日は、女房が娘のPTAの作業で出かけるというので、一人で養蜂場へ・・・。山の中なので遠慮なく今度のライブの練習

 

をしながらの作業でした。今日までは暖かそうなのですが、この後は冷え込みがきつくなりそうなのが心配です。

 

さて、昨日の事、多治見にあるセラミックパークMINOと多治見市PRセンターの納品を済ませると、PRセンターの職員さん

 

にJR多治見駅2階の観光案内所のほかに、今年4月からお土産を扱うお店「OMIYA」が多治見駅前に出来たと聞いて早速行

 

ってきました。OMIYA

中に入ると、多治見市の名産品のほかまる井養蜂園のハチミツも並べてありました。今年からこのお店の担当になった

 

PRセンター職員のOちゃんに久しぶりに会い話しを聞くと、このお店もオープンしたばかりなのですが、来年度から始

 

まる多治見駅西の再開発に伴い、今年度いっぱいで閉鎖のようです。残念です!

 

多治見駅まで来たので、その近辺で食事をすることに・・・。選んだお店は駅からすぐの「ショクシャ」。

イタリアンスパゲッティー

お肉屋さんだったこともあり、店内はお肉屋さんの懐かしいいラードの匂いが漂っています。東農地方では、鉄板にケチャ

 

ップで炒めたスパゲッティーを乗せ、溶いた卵を縁に流し込んだものを「イタリアン・スパゲッティー」と言いますが、昭

 

和の時代はラードを使用し、赤ウインナーが2本乗っていたのですが、最近はラードを使用するお店も少なくなり、ここで

 

しか「昭和のイタ・スパ」が食べられなくなりました。迷うことなく「イタ・スパ」を注文、ラードの甘さと香りに懐かし

 

さがよみがえってきます。

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment