一日中アカシアの採蜜作業でクタクタです。

朝は4時半起床のはずが、1時間早く起きてしまい寝不足気味、養蜂場では5時からアカシアの採蜜作業です。

アカシアの入った巣枠

パンパンとはいきませんが、巣を膨らませかかっている状態ででの採蜜です。

アカシアのハチミツ

蜜蓋も作業がしやすい状態で、上部にうっすらと掛かってる程度です。

アカシアのハチミツ

まじりっけの少ない透き通るような色のアカシア蜜です。

採蜜

こちらが第1養蜂場の採蜜の風景ですが、こちらの45群を搾り終えたのが11時くらいで、天気予報を見ると明日が雨になってい

 

る事にビックリ!気温も低く23℃だし、花蜜もあまり入ってこないので第2養蜂場も出来るところまでやりました。

 

午後5時までの採蜜作業にクタクタ、体が悲鳴をあげています。

Categories: ハチたち, 植物たち | Leave a comment

ミツバチが持ち帰る花粉の色が変わりました。明日から採蜜です。

今日からミツバチが持ち帰ってくる花粉の色が変わりました。淡い黄色の花粉はエゴでは・・・? やはりエゴが開花しています。

 

エゴの花粉が入り始めると、アカシアの花が終わりの合図です。 明日からアカシアの採蜜を行います。

エゴの開花

その淡黄色の花粉以外にも、真っ白な花粉を持ち帰るミツバチも見かけます。 スイカズラの花粉でしょう。スイカズラのの英名は、

 

Honey Sucle (ハニー・サックル)といい、香りが良く、ユニセックス(男女兼用)の香水にもされるほどです。甘くて清潔感のある

 

香りは、ミツバチも好きに違いありません。そのスイカズラも開花し始めています。(写真↓、花粉が白いのが分かります。)

スイカズラ

明日も4時半起床、今日は早く寝ないと・・・。

Categories: ハチたち, 植物たち | 2 Comments

今春、遅れていた植物の開花も、ここに来て帳尻があってきました。

夏のような天気が続いていますね。昼飯は冷たいそうめん食べちゃいました。

 

養蜂場付近では、エゴの花がもうすぐ咲きそうです。巣箱を覗いてみると、アカシアのハチミツが順調に貯まっています。

 

まだ蜜蓋を掛けるまでではありませんが、エゴの花が咲くころ、あと2、3日で採蜜のベストタイミングだと考えています。

アカシア蜜

今年の春は、植物の開花が一週間から10日ほど遅れていましたが、このところの暑さでいつもの年と変わらない植物の開花とな

 

ってきました。第1養蜂場に植樹してあるシナノキ(別名・ミツバチの木)もいつもの年と変わらない時期に花を咲かせようとしてい

 

ます。 初夏からは植物の開花時期が例年と変わらなくなってきそうです。

シナノキの花芽

Categories: ハチたち, 植物たち | Leave a comment

お待たせしました。春の山蜜「桜・山藤」を明日から委託販売します。

何だか真夏のような暑さが続いていますよね~。暑さだけで疲れちゃいますわ~。

 

やっと、春の山蜜の出荷の準備が出来ました。初回、280g瓶入り400本を先行し、土岐市・多治見市内の委託販売所9か所に

 

納品し、明日・明後日くらいから販売していただく予定です。

春の山蜜

今年の春の山蜜は、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ウワミズザクラ、に加えヤマフジが半分ほど入ったハチミツです。

 

上品でクセが無く、サクラの香りが楽しめるハチミツです。

 

お値段は、280g瓶入り1.300円(税込み)。

 

委託販売所分は製品化できましたが、電話、FAX、メールでの注文は瓶詰めやラベル貼りが間に合わないので、あと一週間

 

ほどかかるかと思います。 それまでしばらくお待ち下さい。

うながっぱカー

多治見市観光協会では、本日5月21日(日)の19:00から開催されるFC岐阜 VS V・ファーレン長崎線に購入したばかり

 

のピンクのうながっぱカーが出向き、地域の特産品販売を行います。 当園の国産ハチミツ(今日ご紹介した春の山蜜)も乗

 

せてっていますよ~! 美味しいから買ってよね~!

Categories: ハチたち, 日常の出来事, 植物たち | Leave a comment

アカシアの花が満開、流蜜しています。

昨日の新聞には、お隣多治見市の工業用地「多治見長瀬テクノパーク」(アマゾンのちょっと下あたり)に日本ガイシが200億円を

 

投じ新工場を開設することを決めた。とか・・・。多治見市の古川市長もお手柄ですな~。そして、多治見市観光協会のPRカーも

 

納車されたようで、ピンク色のラッピングカー(うながっぱカー)の愛称を募集していました。多治見は、元気だな~!

アカシアの花

さて、アカシアの花が満開です。 太い流蜜ではありませんが、巣箱にも半分ほどアカシアの蜜が貯まり、雨に弱い花ですが、

 

晴天が続き、今年はアカシアのハチミツを販売出来そうです。気温の上がる今日、明日あたりがピークになると思います。

タカノツメの花

春の山菜としても有名なタカノツメも花を咲かせています。アカシアがダメだった去年は、この花にミツバチが寄っていましたが、

 

今年は、全く見向きもしません。アカシアに集中しているようです。

ウワミズザクラのサクランボ

そして、5月初旬に開花したウワミズザクラはたくさんのサクランボを付けています。たくさんの虫やミツバチが訪れたからでしょう。

 

この調子ですと、後4~5日でアカシアのハチミツの採蜜となりそうです。

Categories: ハチたち, 日常の出来事, 植物たち | Leave a comment

東濃西部養蜂組合も変わりつつある、現組合長に期待!

東濃西部養蜂組合の組合費の請求書が送られてきました。その封書の中には、岐阜県連の昨年の収支報告書と第4号議案の役

 

員改選の理事・監事の名簿、事業報告が同封されていました。 電話で問い合わせると、県連会費を納めている組合員に対して

 

の情報開示のようで、現在まで県連会費を納めているにも関わらず、何も報告が無く、誰が理事なのかも知らずじまいでした。

 

こうした情報開示がされたのは初めてで、現在の組合長になってからです。 何も報告が無く、お金を納めるだけの組合に変化の

 

兆しです。ついでに東濃西部養蜂組合の飲食を伴う理事会の在り方や、理事だけで使用される旅費の在り方、そして長年変わらな

 

い会計人事に対しても抗議し、組合がまともになるよう現組合長に期待したいものです。

 

こちらは東濃西部の事業報告書、前組合長時代から長い間飲食理事会は続いています。何も言わない理事もおかしい!

事業報告

そして、昨年、総会で購入を決めた「みつばちの大地」のDVD2枚。組合員に回されることも無く、何のために購入されたのか?

 

生業(なりわい)の事業者はツタヤでレンタルして、とっくに見終わっているDVDなんだけど・・・?

 

何がしたいのか・・・?

ミツバチの

 

いろんな組合に所属してきたのですが、養蜂組合は特別ヘン!

 

現組合長の改革を期待します。

 

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment

ズミの花にミツバチが集まっていました。

ヤマフジは終わりを迎え、アカシアは開花し始めているのですが、ミツバチの姿を見つけることは出来ません。アカシアの流蜜は

 

気温の上昇する今週の土日あたりでしょうか? それでもミツバチは元気に飛び回り、補助蜜源となる植物があるのか、開花し

 

ている花のそばに行ってみることにしました。

ズミの花

これは、ズミの花。 白色のサクラのようですが、近辺には数えるほどしかこの木はありません。 上を見上げるとミツバチが集まり

 

羽音が聞こえます。どうやらミツバチは、この花に集まっているようです。このズミ、バラ科のリンゴ属で、リンゴに近縁な野生種です

 

が、その実は小さく美味しくないようです。(食べたことありませんが・・・) コリンゴ、とか、コナシとかも呼ばれているようです。

ミヤマヨメナ

ズミの木の近くの水辺にはミヤマヨメナが可憐な花を咲かせていました。

 

ついでに、これから開花するる花芽を観察します。

エゴの花芽

こちらは、あと一週間もすれば開花するエゴの花芽です。すごい数の花芽を付けていますが、去年太い流蜜があったので今年は

 

無いでしょう? (クリックして大きくしないと分からないかな~?)

ヤマハゼ

エゴが咲き、その後すぐに咲くのがヤマハゼの花です。こちらが現在のヤマハゼの花芽です。ここ数年太い流蜜を起こしていない

 

このヤマハゼ、黄色いハチミツで美味しいです。今年は期待できそうです!

 

Categories: ハチたち, 植物たち | Leave a comment

オオスズメバチの女王蜂、襲来が増えてきています。

今日は、朝早くから第1養蜂場の草刈りです。採蜜中もすごく気になっていましたが、巣門の前を塞ぐほど草が伸びています。

 

涼しいうちに作業は終了、内検も行いましたが、ヤマフジの流蜜も終わりアカシアの流蜜もまだのようです。

草刈り後

さて、ここ数日、オオスズメバチの女王蜂の襲来数が増えてきています。

トラップ

トラップには多くのオオスズメバチの女王蜂が入り、誘引するための液体を取り替えてやります。(第1養蜂場)

第2養蜂場

ちょっと少なめですが、こちらは(第2養蜂場)。来週にかけてがピークになると思います。

 

分け出し群のいる(第3養蜂場)は1匹しかかかっていませんでした。

 

コマメに液体を交換してやらないと・・・。

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment

養蜂場の片隅に咲く野生のクレマチス、カザグルマの花。

今朝、養蜂場の片隅にはカザグルマの花がいっぱい咲いていました。毎年咲いてたのですが、去年は咲かず、女房に「あんたが

 

枯草と一緒に燃やしてしまったからやん!」と攻められたりもしましたが、去年咲かなかった分まで多くの花を付けています。

カザグルマ

日本のレッドデータブックにも絶滅危急種(絶滅に向けて進行している種)として分類されるカザグルマ、センニンソウ(クレマチス)

 

属の自生種で、見事な花を咲かせます。写真では分かりにくいと思いますが、花の大きさは10センチほどもあります。

カザグルマ

これからは、女房に文句を言われないように、大切にしていこうと思います。

 

そうそう、アカシアの花も開花し始めましたよ~!

アカシア

養蜂場付近のアカシアの花です。雨の影響は受けていません。まだ、ミツバチの姿はありませんが・・・。

 

Categories: ハチたち, 日常の出来事, 植物たち | Leave a comment

今日も採蜜、クタクタの体にベンズアルデヒドはありがたい!

昨日に続き今日も第2養蜂場での採蜜作業です。朝は予定通り起きられず30分遅れの5時起床、体が慣れていないのか肩が

 

パンパンで何だかやる気が起きません。採蜜作業で大変なのは、搾る前の蜂をはらう作業です。重い巣板を持ち上げ蜂ブラシ

 

で蜂を丁寧に落としていく、これが何十群とやっていると肩や手に負担がかかるんです。

ベンズアルデヒド

そこで、手にかかる負担を軽減してやるために使用しているのが、ベンズアルデヒド。この黄色の蓋の中にはキルティングの布が

 

貼り付けてあり、そこにこの溶液をスプレーで10回ほど吹き付け蓋をしておきます。

ベン

あまりいい写真ではありませんが、10分も蓋をしておくとミツバチたちは巣枠の3分の2くらいまで臭いを嫌がって下がってくれます。

 

巣枠を持ち上げた時には、下3分の1ほどに集まったミツバチを蜂ブラシではらえばいいわけで、作業時間の短縮と手への負担を

 

軽減できます。 タオルなどを利用すれば、日本ミツバチの採蜜時にはもってこいですよね~!

におい

一時的に臭いを嫌がって下がりますが、臭いがなくなればご覧のようにまた上がってきます。これやらないと、手や肩がどうにか

 

なっちゃいますよ~! やっても結構疲れますから~!

 

という事で、作業が終了した後は、瑞浪にある「くねくねラーメン」というお店で、「黒とんこつラーメン」(焦がしにんにくをたっぷり

 

使ったとんこつラーメン)を注文、スタミナつくかな~?

黒とんこつ

結構臭うわ~、これ!

 

 

 

Categories: ハチたち, 日常の出来事, 植物たち | Leave a comment