マツコが美味そうに食べてた「たらこパスタ」。

6月5日放送の「マツコの知らない世界」で、たらこスパゲッティー特集が放送され、その番組を観ていた娘が、マツコ

 

が美味そうに食べる姿を見て、突然食べたいと言い出しました。番組で元米米CLUBのリーダー大久保健作氏が選んだ

 

「絶品たらこパスタ6選」の中から、「洋麺屋五右衛門」が、春日井市役所近くと、ドムジャ(ナゴヤドーム・イオン)

 

の近くの矢田の交差点付近にあるので、そこで食べてみることに・・・。

 

よく考えてみると、生まれてこの方「たらこパスタ」などパスタの邪道だと思い、口にしたことのなかった私・・・?

 

娘は、テレビで紹介された「たらこと湯葉とモッツァレラチーズのカルボナーラ」を注文!

たらこと湯葉とモッツァレラチーズのカルボナーラ

私は、「炙りたらこ&たらこバター」を注文!

炙りたらこ&たらこバター

美味し~!

 

どうして今まで食べなかったんだろう・・・? たらこパスタ!

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

養蜂場のシナノキの花が開花、いろんな虫が訪花してます。

今年はなんて年だ! いつもならこの時期で採蜜は終了しているころなのですが、春からず~っと蜜源植物の流蜜が

 

細く、強群のみがどこからか集蜜をし、巣を膨らませることもなく白い蜜蓋をかぶせている状態です。

 

このまま今、採蜜を行っても前回と同様、たいした収量が期待できません。

シナノキの花

今朝、養蜂場にあるシナノキを見るとたくさんの昆虫やミツバチが集まっていました。もうすぐトウネズミモチも

 

開花するので、それを待って最後の採蜜とすることに決めました。

Categories: ハチたち, 植物たち | Leave a comment

HOSHIZAKIの次亜塩素酸水。

昨日、自宅のポストを覗くとこんなものが・・・。

次亜塩素酸水

「養蜂における衛生管理・消毒技術」とあり、(一社)日本養蜂協会による次亜塩素酸水の有効性を記載した文章が

 

添付されており、ホシザキの電解水生成装置の説明もありました。

 

組合からの情報がないので、是非、使用されている方の意見を聞きたいと思っています。

Categories: ハチたち | Leave a comment

寝苦しいな~、と思ってたら・・・?

暖かくなり、寝苦しいな~と思ってたら、布団が、冬用に購入したニトリのNウォームのままになってることに気づ

 

きました。冬の間は、それまで使用していた羽毛布団に比べても快適な暖かさだったのですが、さすがにこの時期に

 

なると寝苦しくなります。

 

そこで、同じニトリで、Nクールなる商品が発売されているというので、家族4人分を購入してみました。

スーパーNクール

購入したのは、スーパーNクールの肌布団と敷布団、枕カバー。

 

やたらと涼しく、ぐっすり眠ることが出来ました。

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

2022年4月より民法改正で、18歳成人に・・・。

成人年齢を20歳から18歳に引き下げ、女性が結婚できる年齢を16歳以上から18歳以上に引き上げる改正民法

 

法案が賛成多数で可決成立しました。施行は、2022年の4月1日。

 

成人年齢のひきさげにより、見直しが必要な22の法律の改正も盛り込まれ、10年間有効なパスポート資格を18

 

歳から取得出来たり、性同一性障害の人が18歳から性別変更を申し立てられる「性同一性障害特例法改正」なども

 

含まれています。18歳から親の同意なくローン契約を結んだり、クレジットカードを作ることもできます。

 

でも、アルコールやたばこ、公営ギャンブルなどは20歳を維持することとされています。

 

ジャニーズの皆様、お間違え無く・・・?

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

そういえば見かけない「三角の牛乳パック」、いつから・・・?

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の第62話(昨日放送)の中で、律から別れを告げられ落ち込む鈴愛(すずめ)に

 

オフィス・ティンカーベルの同僚・ユーコが、コンビニで鈴愛の大好物のソーセージパンを差し入れ、一緒に買ってきたの

 

が牛乳、それも三角の形をした牛乳です。懐かし~い~! 今では見かけなくなりましたな~!

 

テトラパック

 

そんな、昭和を感じさせる三角の牛乳パックですが、いつ頃から無くなったのでしょう・・・?

 

誕生は、1952年、スエーデンのテトラパック社により開発され、紙でできた三角牛乳パックは、「テトラ・クラシック」

 

と名付けられた。日本第1号の三角牛乳パック「テトラ牛乳」は、東京オリンピックや大阪万博で販売され、全国に広まった

 

のですが、三角パックは、四角のパックの4倍の置き場所が必要なため、2003年に生産が中止となったようです。

 

ということは、15年前かまであったのか~?  21歳の息子に尋ねると、「記憶にある・・。」って言ってたから、そのこ

 

ろかもしれませんな~。

 

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

米朝首脳会談、開催費用はシンガポール政府が、でも・・・?

全世界が注目する歴史的、かつ史上初の米朝首脳の顔合わせが、シンガポールセントーサ島で先ほど(10:04)

 

に行われ、握手を交わしました。トランプ大統領に飲み込まれないようにか、正恩氏の表情が硬いのが目立ちます。

 

今後の会談内容に注目です!

 

さて、「2016年・伊勢志摩サミット」を日本で開催したのは記憶に新しいのですが、開催費用・総額600億円

 

は開催国である日本政府がすべて負担しています。 今回の米朝首脳会談のように第3国で開催された場合はどうな

 

のでしょう? 最も多いケースは警備関係費用のみを開催国が負担する場合が多いようです。

 

今回の米朝首脳会談の開催費用は、総額で約16億円、その半分の8億円が警備費で、その全額をシンガポール政府

 

が支払うようです。シンガポール政府も国際的社会評価をげるチャンスだからです。

 

しかし、これにはカラクリがあり、各国から訪れるマスコミから回収する仕組みなのです。

 

マスコミが使用する「プレスセンター」のブース使用料が2人分で66万円、テレビ中継使用料が、屋外が124万

 

円、屋内が99万円。マスコミ関係者は2000人を超え、これで、米朝首脳会談のイベント興業が成り立つんです

 

な~! 恐るべし、シンガポール政府興行師!

 

 

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

「直美ミツバチ」フィギア。

ガチャポンで、渡辺直美コレクション・フィギア Vol  2 が出てたので早速300円のガチャポンをやってみま

 

した。ミツバチの衣装を着けたフィギアが出てきたので、愛用のカバンに着けてみました。

直美フィギア

ん~、やっぱり可愛い~!

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment

JAとうと土岐津泉支店、支店を統合し明日11日オープン。

土岐市駅前にあるJAとうと泉支店が老朽化と駅前広場整備のため、現店舗が取り壊されることが決まり、新店舗は

 

土岐津支店と統合し、旧ファッション専科・ツルヤ跡地にオープンする運びでした。予定通り、明日6月11日に

 

オープンするようです。変わった建物ですね~!

JAとうと 土岐津泉支店

駅前整備のため、取り壊される泉支店・現店舗がこちら・・・。

泉支店・現店舗

統合により、取り壊される土岐津支店・現店舗がこちら・・・。

土岐津支店・現店舗

位置関係はこちらです。

位置関係

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

NHK大河「麒麟がくる」、ドラマの傾向から土岐市は注目される!

NHK大河ドラマで、最近の平均視聴率を見てみると、20パーセントを超えた大河は、「利家とまつ」、「功名が辻」

 

、「篤姫」、「天地人」、「江(ごう)~姫たちの戦国~」などです。一方、私も大好きで最後まで欠かさず見続けた

 

「龍馬伝」(福山雅治)などは、意外にも超えていないのです。

 

ここからも分かるように、女性視点で書かれた脚本に人気があり、主役に有名俳優を抜擢した作品は以外にも視聴率が

 

上がっていない。だからと言って、無理やり女性主役に拘ったりすると、「女城主・直虎」のようにさえない結果も・。

 

そこで、「麒麟がくる」の中で注目されるのが、浪人時代の明智光秀を支えた糟糠(そうこう)の妻・熙子(ひろこ)

 

の存在です。細川ガラシャの母でもあり、光秀を支える糟糠の逸話が多くあるからです。そして、光秀も彼女を愛し、

 

生涯側室を置くことが無かったというのですから、NHKもドラマにしないはずもありません。

 

光秀の妻・熙子(ひろこ)は、現在、土岐市にある妻木城祉にあった土岐一族妻木家(つまぎけ)に生まれています。

 

=ここで、ドラマにはもってこいの2つの逸話を紹介します。=

 

天分14年(1545)に光秀と婚約をする熙子(ひろこ)でしたが、直後に疱瘡(ぼうそう)にかかり、顔にあば

 

たが残ってしまいます。妻木家はそれを気に病み、代わりに熙子によく似た妹を差し出します。

 

しかし、光秀はすぐにそれを見破ると「妻にするのは、熙子どのと決めています!」と、妹を送り返したそうです。

 

 

城を追われ、浪人となった光秀。ある時、光秀が連歌会を催すことになりましたが、そんなお金もなく困り果ててい

 

ました。そこで熙子はこっそりと自分の黒髪を売り、そのお金で酒や肴を買い込み、客をもてなしたといいます。

 

 

こんな逸話がドラマ化されれば、妻・熙子の生誕地である土岐市が注目を浴びるのは間違いないでしょう!

 

 

 

 

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment