ズミの花にミツバチが集まっていました。

Posted by marui on 2017年5月18日

ヤマフジは終わりを迎え、アカシアは開花し始めているのですが、ミツバチの姿を見つけることは出来ません。アカシアの流蜜は

 

気温の上昇する今週の土日あたりでしょうか? それでもミツバチは元気に飛び回り、補助蜜源となる植物があるのか、開花し

 

ている花のそばに行ってみることにしました。

ズミの花

これは、ズミの花。 白色のサクラのようですが、近辺には数えるほどしかこの木はありません。 上を見上げるとミツバチが集まり

 

羽音が聞こえます。どうやらミツバチは、この花に集まっているようです。このズミ、バラ科のリンゴ属で、リンゴに近縁な野生種です

 

が、その実は小さく美味しくないようです。(食べたことありませんが・・・) コリンゴ、とか、コナシとかも呼ばれているようです。

ミヤマヨメナ

ズミの木の近くの水辺にはミヤマヨメナが可憐な花を咲かせていました。

 

ついでに、これから開花するる花芽を観察します。

エゴの花芽

こちらは、あと一週間もすれば開花するエゴの花芽です。すごい数の花芽を付けていますが、去年太い流蜜があったので今年は

 

無いでしょう? (クリックして大きくしないと分からないかな~?)

ヤマハゼ

エゴが咲き、その後すぐに咲くのがヤマハゼの花です。こちらが現在のヤマハゼの花芽です。ここ数年太い流蜜を起こしていない

 

このヤマハゼ、黄色いハチミツで美味しいです。今年は期待できそうです!

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>