東濃西部養蜂組合も変わりつつある、現組合長に期待!

Posted by marui on 2017年5月19日

東濃西部養蜂組合の組合費の請求書が送られてきました。その封書の中には、岐阜県連の昨年の収支報告書と第4号議案の役

 

員改選の理事・監事の名簿、事業報告が同封されていました。 電話で問い合わせると、県連会費を納めている組合員に対して

 

の情報開示のようで、現在まで県連会費を納めているにも関わらず、何も報告が無く、誰が理事なのかも知らずじまいでした。

 

こうした情報開示がされたのは初めてで、現在の組合長になってからです。 何も報告が無く、お金を納めるだけの組合に変化の

 

兆しです。ついでに東濃西部養蜂組合の飲食を伴う理事会の在り方や、理事だけで使用される旅費の在り方、そして長年変わらな

 

い会計人事に対しても抗議し、組合がまともになるよう現組合長に期待したいものです。

 

こちらは東濃西部の事業報告書、前組合長時代から長い間飲食理事会は続いています。何も言わない理事もおかしい!

事業報告

そして、昨年、総会で購入を決めた「みつばちの大地」のDVD2枚。組合員に回されることも無く、何のために購入されたのか?

 

生業(なりわい)の事業者はツタヤでレンタルして、とっくに見終わっているDVDなんだけど・・・?

 

何がしたいのか・・・?

ミツバチの

 

いろんな組合に所属してきたのですが、養蜂組合は特別ヘン!

 

現組合長の改革を期待します。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>