米朝は、昨年秋から水面下で接触を重ねていた。

Posted by marui on 2018年3月10日

金正恩委員長がトランプ大統領に対し首脳会談を申し入れ、トランプ大統領もこれに応じ、5月までに米朝首脳会談が

 

実現する見通しとなっていますが、これ、金正恩委員長の突然な心変わりではなさそうです。

トランプ大統領

 

今日の朝のニュースによれば、米朝関係消息筋によると、昨年11月にトランプ大統領が中国訪問の際、トランプ政権

 

側は、中国の仲介で当時の北朝鮮外務省・崔善姫(北米局長)と電話会談、トランプ氏もその内容を把握していたとい

 

います。消息筋は、この接触が米朝関係の転換点になったとしています。

 

その後も米朝は、アジアやヨーロッパで数回にわたり接触、3月2日にもドイツベルリンで接触があったようです。

 

いかにも、平昌オリンピック以降の南北会談により韓国が米朝の仲介役のように伝えられていますが、このニュースを聞

 

く限り、実際には突然の出来事ではなく、時間をかけ米朝が接触をし、こうなるべきしてなった米朝会談のようです。だ

 

とすれば、中国が本当の仲介役だったことになりそうですな~!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>