瀧康洋氏による講師講演会「下呂市DMOの取り組み」に出席しました。

Posted by marui on 2018年3月13日

フィギアスケートの浅田姉妹が、「祝43年目突入!徹子の部屋・最強夢トークスペシャル」に出演し、回転寿司屋

 

さんでトーク。回転寿司を選んだのは、氷上でくるくる回るのを観て徹子さんがこの場所を選んだのだとか・・・?

 

トークの中で2人は、不仲だった時期の話しを暴露、「・・・ばりかいたりしてました。・・・」とか。「ばりかく

 

」って言葉、私の地域ではよく使う言葉なのですが、名古屋弁じゃない~? 全国放送で分かるかな~? なんて、

 

考えちゃいました。「ばりかく」は、引っ掻いたりすることで、「猫にばりかかれた~!」なんて使うんですが~?

さて、今日は20℃を超えるポカポカな陽気、給餌を午前中に済ませ、昼からは(一社)多治見市観光協会が主催す

 

る講師講演会に出席しました。冒頭に多治見市の古川市長が挨拶、「市役所が動いて観光に成功した街はありません

 

!」とか。その後、(一社)下呂観光協会 会長で水明館の代表取締役でもある瀧康洋氏の講演が始まりました。

 

「DMO」に7年前から取り組み、誘客数を増やしてている下呂市、すごく勉強になりましたが、問題は、こうしたリ

 

ーダーシップを発揮出来る人材がいないことが、土岐市や多治見市の観光協会の最大の問題でもあるように思いまい

 

ました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>