気象庁、春の間に「ラニーニャ現象」終息の可能性。

Posted by marui on 2018年4月11日

気象庁10日の発表のよりますと、去年から続いているラニーニャ現象が、今後、春の間に終息する可能性がが高く、

 

夏は、平常の状態が高くなるとのこと。

エルニーニョ予測モデルは、エルニーニョ監視海域の海面水温が今後次第に基準値に近づき、夏から秋にかけて概根基

 

準値に近い値で推移すると予測している。また、太平洋赤道域の海洋表層では、西部から中部にかけて暖水の東進が見

 

られ、この暖水が今後、東部に達すれば海面水温の平年より低い傾向を解消に向かわせると考えられる。と、いうこと

 

のようです。

 

=コメント=

 

今年の寒さもラニーニャ現象がかかわっているのだとか・・・。ミツバチの生育にもかなり影響が出ました。いつもの

 

陽気に戻ってくれると本当にありがたいことです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>