五平餅だけじゃない、「朴葉寿司」も東濃地方の郷土料理です。

Posted by marui on 2018年5月14日

里山では、朴葉の木が葉を大きくし、花を咲かせています。朴葉ずしを作るのに丁度いい状態の葉っぱです。

 

ということで、我が家でもこの時期だけ作る郷土料理「朴葉ずし」を作りました。

養蜂場にある朴葉の葉を使用し、女房が作りました。

ヘボ(クロスズメバチの佃煮)を入れるとホントに美味しいのですが、高いので入ってません。

 

いたってシンプルな朴葉ずしでした。

朴葉の香りを引き立たせるため、熱い酢飯を乗せるため食べた後の葉は、酢飯を乗せた部分が変色します。

 

年に1度ですが、我が家ではこの時期、東濃地方の郷土料理「朴葉ずし」をいただきます。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>