環境問題に関心が薄いトランプ大統領。

Posted by marui on 2018年6月24日

白人至上主義なのか、何かと前大統領のオバマ氏と真逆の事をしたがるトランプ大統領ですが、少しは環境問題に

 

関心を持ってもらいたいものです。ミツバチのあれって、どうなってるんでしょうね~?

 

オバマ大統領は、ミツバチの消滅を「国家的な課題」ととらえ、2014年6月にビルサック農務長官とマッカー

 

シー環境保護局長官を共同議長とするタスクフォース( 特別編成部隊 )を設置。これに基づき、2015年に

 

「ミツバチの健康を促進するための国家戦略」が策定されています。

 

ミツバチの授粉に依存する作物(食品)は、全体の3分の1とされ、農業に深刻な影響を与えます。

 

オバマ元大統領の出身地のハワイ島には、ミツバチの消滅の1つの要因とされるミツバチへギイタダニがいない

 

らしいのですが・・・?

 

大統領がトランプ氏に代わり、国家戦略ってどうなったのでしょうね~・・・?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>