養蜂場に、タイワンタケクマバチが襲来!

Posted by marui on 2018年7月23日

在来種のキムネクマバチやマルハナバチの数が年々減っていく中、こいつだけは、毎年のようにその個体数を増やし

 

続けている外来種のタイワンタケクマバチ。春には自宅近辺まで営巣範囲を拡大し、水道用のホースを齧ったり、傘

 

の柄やほうきの柄に穴を開けまくったあいつです。

営巣のため穴を開けられたほうきの柄

ここ数日、そのタイワンタケクマバチが養蜂場にやってきます。目的は明らかではありませんが、巣箱の巣門から中に

 

入ろうとしては、あっけなくミツバチに遣られ巣門付近に死骸が転がっています。

襲撃に敗れたタイワンタケクマバチ

少しだけ拾い集めてみてもこの量です。

タイワンタケクマバチの死骸

年々、増え続ける外来種のタイワンタケクマバチですが、寄生ダニが在来種の寄生ダニと違い、在来ダニとの新種が生ま

 

れたりすれば、在来種のキムネクマバチなどの生息に影響を及ぼす恐れもあります。

 

今のところ、ミツバチへの影響は無さそうですが・・・?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>