紀州のドンファン騒動、どーなった?

Posted by marui on 2018年8月8日

今年5月24日に急性覚せい剤中毒で死亡した”紀州のドンファン”こと野崎幸助氏(享年77)。野崎氏の死後、

 

毎日のようにワイドショーが騒ぎ立て大騒ぎしていましたが、愛犬から覚せい剤が見つからなかってからという

 

もの、その後は報道されることもなく、事件なのか事故なのかさえもはっきりしていません。

 

気になって、ネットで調べていると、「紀州のドンファンが、”遺言状”を残していた」なんて記事が・・・?

 

どうやら、「週間文春」の取材で判明したようです。

 

2013年に野崎氏が直筆で記した文面に、自身と会社の全財産を故郷の田辺市に寄付すると綴られていた。

 

「遺言状は、首都圏のある関係先に託されていた。野崎氏本人の署名・捺印もしっかりとなされています。これ

 

から裁判所で遺言を確実に証拠保全するための『検認』の手続きをすることになります。(野崎氏の知人)

 

 

事件か事故なのかはっきりしていないようですが、遺言状に効力があれば、疑われた身近な人間のだれも得する

 

人がいないという事になりますし、何より、故郷に全財産を寄付するなんて、ドンファンっていい人じゃん!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>