今年は、オオスズメバチの襲来が少ない。

Posted by marui on 2018年10月31日

オオスズメバチの襲来もそろそろ終わる時期ですが、今年は異常なほどその襲来数が少ない年でした。

 

ベテランのスズメバチハンターさんに話しを聞いても、捕獲数も少なく巣の大きさが小さいとのこと・・・。

 

原因は、今年の夏の気温が35℃以上の日が長く続き、ハチ類は35℃を超えると活動や産卵がすごく悪くなるため

 

だと考えられます。それに加え、スズメバチの餌不足も重なり、特にこの地方は植物の流蜜が悪く、樹液の吹きが悪

 

く、蜂数を増やせず、巣が小さかったのだと考えられます。

 

そういえば、この時期、毎年のようにスズメバチハンターの話題をテレビで報じていますが、今年は全然やってませ

 

んな~?

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>