岐阜県可児市で確認、豚コレラ感染イノシシ。

Posted by marui on 2018年11月5日

岐阜市の養豚場の豚が家畜伝染病の「豚(トン)コレラ」に感染した問題で、野生のイノシシが発生農場付近から

 

次々に豚コレラに感染し、その範囲を拡大しています。現在までに感染したイノシシは41頭目です。

 

 

10月30日に可児市の山中で捕獲された野生のイノシシが豚コレラに感染していたと発表しました。

 

発生農場から木曽川を乗り越えた場所で見つかるのは今回が初めてで、愛知県との県境まで1キロの位置。発生から

 

50日を過ぎて、県境を超える可能性が出てきました。

 

今回、可児市で捕獲されたイノシシは、体長が70センチの子どもの雄。

 

岐阜県内でも、今後、隣接する多治見市、土岐市、への感染拡大も予想されます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>