青木さんが来るので、名古屋・高岳のJohnny(ジャニー)に行ってきました。

Posted by marui on 2013年6月23日

青木さんとは、東京で活躍しているピアニスト。

土岐市にあるジャズバー・サバサバのマスターであった故・田中政好氏の縁で出会い、名古屋を訪れるときには時々顔を出している。

今回は、名古屋の高岳にある老舗のジャズバーJohnny(ジャニー)でのライブらしく、初めてこのバーを覗く事になった。

到着が早かったのか、お店はまだ開いていないよう。近くの鳥料理屋「なか川」に入る。なか川ここも古くからありそうなお店で、みぞれ煮と桑焼きがオススメという事で頼んでみた。

店内は地元の方でいっぱい、ちょっとしたこの地のソウルフードといったところだろうか?

お腹を満たし、ジャニーに向かった。

ジャニーのママこの人がママ。このバーの創始者Randy(ランディー)さんの妻。ランディーさんはサラボーンとも共演したミュージシャン。フィリピンのトニーベネットとも言われたが、43歳の若さで他界。

店内には共演したミュージシャンとの写真も飾られている。他界後はママがこのお店を切り盛りしているようだ。

その愛の結晶が、娘のマリア・テレサ。このお店で女性シンガーとして活躍しています。マリア・テレサ歌はもちろん、優しくって気遣いのできる素晴らしい子でした。そう言えば、アメリカ人の旦那さんがいるって言ってたな~。

この日はお昼も公演が入っていたようでかなり遅めのスタートとなりました。演奏中真ん中のピアノが青木弘武(アオキヒロム)氏。男性ボーカルは、フィリピン出身のケンちゃんことケン・バルディス。

毎年、多治見の修道院のワインフェスタでオールデイズを熱唱、何度も彼の甘い歌声は聞いたことがあり、もちろんサバサバにも来ているよ。

女性ボーカルは、マリア・テレサ。いい声してます。

そして、この日の楽曲 青い影 は、オルガン向きの楽曲。ピアノでのこの曲は~と思いきや、そこは青木テクニック、

見事な指使いで心地よく聞かせて頂きました。ん~満足!

演奏終了と同時に店を出て、同級生のユウセイがやっているバーワンダーランドに転戦。矢場町まで急いだ!

なんでも、高校時代の同級生ヨシダくんが結婚するらしく、その披露宴に・・・。という話、終電ギリギリで滑り込み乗車。あ~よかった。

2 Responses to 青木さんが来るので、名古屋・高岳のJohnny(ジャニー)に行ってきました。

  1. ショウコ

    2019年12月30日…ジャニーのママが他界されました。
    ランディの奥様です。
    ジャニーに初めて行ったのはランディが亡くなったばかりの時、夏でした。
    ママも黒いドレス姿で喪に服されていた事を思い出します。
    あれから30年程月日は経ちましたが、今でもジャニーのファンでライブを聞きに通っています。
    そして去年、ジャニーでのライブで最高のノリを楽しませてくれたのが
    ピアニストの青木氏。月に一度、東京からジャニーに出演されているピアニストです。
    兎に角ノリが良いと言うか…素晴らしいテクニックにうっとりしてしまいました。
    どんな曲にも青木氏らしさを感じられる魅力あるピアニストです。
    音が違うのですね〜。そして…
    ママが他界されても…また、青木氏のピアノがジャニーで聞けるのでしょうか。
    また、青木氏のピアノでママと歓声を上げ、
    笑いながらリズムに乗ってはしゃいでいたあの時間…酒を飲みながら手を叩いていたあの瞬間を
    思い出し、追悼し…心から祈りを捧げたいです。

    • marui

      コメントありがとうございます。
      ジャニーのママが他界されたとのこと。
      お悔やみ申し上げます。
      この投稿は夫が書いたものですが、
      その夫も一昨年の暮れに急逝しました。
      青木氏が繋いでくださったご縁を今後も大切にしたいものです…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>