馬酔木(アセビ)の花が満開。

Posted by marui on 2014年3月15日

今日からやっと春らしいポカポカ陽気となりました。昨日移動したミツバチたちも久しぶりにブンブンと羽根音を響かせていました。

山では馬酔木(アセビ)の花が満開になっています。

このアセビは、有毒成分があり間違って食べた馬が酔っ払ったように見えたことから馬酔木の漢字が付けられたようです。アセビの花地方によって呼び名が色々あるようで、アシビとか、アセボと呼ばれることもあります。

有毒成分はグラヤノトキシンという物質で、殺虫成分として使用されるので、ミツバチはこの花に止まっている様子を見たことがありません。

シカはこの木を食べないため、アセビが以上に多い山はシカなどの食害が多い地域と推測されます。

One Response to 馬酔木(アセビ)の花が満開。

  1. 山川猛

    わが家の庭のアセビの花に沢山の蜂が来ています。洋蜂ばかりです。私が飼っている蜂たちです。今年はあたたく蜂が来ています。今日はアセビを切って処分しました。さいみつ前ですが、蜜が混ざるのを心配です。昨年までは、花が早かったのですが、今年は訪花が早い。きれいに咲いていたが残念です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>