「命のビザ」杉原千畝の生誕地は、八百津町ではなく美濃市?

Posted by marui on 2016年7月13日

2017年のユネスコ世界遺産登録に向けて動いている岐阜県八百津町。そんな中、生誕地を八百津町だと申請している歴史に

 

待ったがかかった。千畝氏の4男、ベルギー在住の伸生(のぶき)さんが、戸籍に記された出生地は「武儀郡上有知町八百九拾番

 

戸」で、現在の美濃市にある教泉寺(きょうせんじ)であると主張。当時このお寺は貸し出されており、千畝氏の父好水氏はこのお寺

 

に下宿し、隣にあった上知税務署に勤務していた。と言うのだ。これが美濃市にある現在の教泉寺です。現在の教泉寺実は、千畝直筆の自伝の書にも生誕地は上記の住所が記され、その上から線が引かれ他人の筆跡で「八百津町」と書き加えられ

 

ている。 誰かが都合の良いように書き換え、今日までそう伝えられてきたのだ。

 

もちろん、八百津町長も困惑しているようだが、これが事実のようだ!そうなれば、ユネスコに申請している事実と食い違う。

 

複雑な想いは分かるが、事実と異なる歴史は良くない。ただちに修正し、そう教えられた子供たちにも説明すべきだ。

 

そして、千畝の名前の由来だが、八百津町は、八百津町に昔からある棚田と結びつけて千畝と名付けた!と説明しているが、

 

そうではなく、美濃市のこのお寺の近くには千畝町という町が存在し、生誕地の名を取って名付けられたとも推測できます。イオンタウン前のバス停八百津町も残念でしょうが、”生誕の地” でなくとも ”ゆかりの地” であることは間違いありません。

 

変な意地をはらずに、申請のやり直しを早急にするべきだと思いますよ~!町長さん!

15 Responses to 「命のビザ」杉原千畝の生誕地は、八百津町ではなく美濃市?

  1. なか

    1昨日の中部日本放送で、取り上げていたが、生誕地は 戸籍で 証明となる以上、間違いであったら 訂正すべきと思います   間違った歴史を 伝える訳にはいかない。   八百津町は ゆかりの町には 違いないので、生誕地の部分だけ 訂正すればいい。  このまま放置は まずいと思いますよ   子供たちに。

  2. 大塚高明

    杉原伸生さんのコメントです。
    「それでは戸籍を見せたらどうですか? 八百津町殿。」

    時間の問題で、全てが公表されると思います。

  3. 伊佐治 博平

    鈴木 宗男議員にきけばわかるかも。又は東海放送に聞いたら。

  4. てつ

    八百津町の対応は、酷いです。真実でない事を後世に伝える事で良いのでしょうか?国内外へ恥を晒す行為だと思います。

  5. ひでちゃん

    確かに戸籍上は美濃市です。が、母親が実家である八百津町で、里帰り出産をしているので、八百津町が杉原千畝の出生地という事です。

    • marui

      コメントありがとうございます,ひでちゃん様。

      私の娘と息子は、お隣多治見市の産婦人科病院で生まれていますが、二人とも事実上生活圏である土岐市生誕としていますが、
      あやまりでしょうか? 生誕地が土岐市で、出生地は多治見市と言うべきなのでしょうか?

  6. しかつ

    出生届けを出したのは美濃市に間違いないと思いますが、生誕地は八百津町で間違いないですよ!千畝さんの親戚の人たちがみんなそう言っていたそうです。うちにも遠い親戚になりますが千畝さんの古い写真が有りますよ!否定するなら美濃市で生まれた証拠有るんですか?出生届けは生誕地の証拠にはならないでしょう!

    • marui

      コメントありがとうございます。しかつ様
      ご立腹のようですが、そもそも、あなたがどこの誰だか私には分かりません。
      親戚かどうかも・・・?
      あなたは誰ですか?

  7. しゅうへい

    千畝さんご自身は奥様の幸子さんに生まれ故郷は八百津だと言ってみえたそうです。幸子さんも生前そう証言されています。
    そんな事より千畝さんのとった行動は世界に誇れる事ですよね。

  8. しかつ

    あなたこそ誰ですか?
    後、娘さんと息子さん多治見で生まれたなら生誕地は多治見でしょ!土岐市で生まれてないでしょ!出生届けを出したのは土岐市役所かも知れませんが!違いますか?

    • marui

      これは、私のブログです。

      所在、すべてを明らかにしています。

      あなたも所在や氏名を明らかにしたうえで意見を述べるべきだと思います。

      分からなければ何を言ってもいいという考え方は、人道に反すると思いますが・・・。

  9. しかつ

    あなたのブログだったのですね。大変失礼致しました。ただ私の言いたかった事は出生届けを出した場所が必ずしも実際に生まれた場所ではない事があると言う事だけです。

  10. しかつ

    杉原千畝さんの場合も八百津町生まれただけど出生届けは美濃市に出したと言う事ではないでしょうか?今となっては何一つ証明するものはありませんが!

  11. しかつ

    八百津生まれを証明するものは今となっては何一つございません。
    色々と勝手を申しまして、本当に申し訳ございませんでした。

  12. 山中 雅和

     御本人にどこで生まれたかの記憶はない。教泉寺で生まれた可能性もあるし
    その地が父上の勤務先の税務署の隣接間借り地(庫裏?)。母上は、そこでの
    御出産だった可能性も、里帰り中.実家での御出産であった可能性もあります。

     そんな事で争っても仕方がない。岐阜県であった事.略確定今後裏付け資料
    の出現あり得ますが(産婆さんが判明すればよいのですが)1900年1/1出生日
    (元旦)も或いは・・・ 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>