農薬の毒性の怖さふたたび?

昨日の https://natgeo.nikkeibp.co.jp/ 記事から…

農業の毒性が48倍に、『沈黙の春』再び? 研究
ネオニコチノイド系殺虫剤で昆虫に大きな被害

ミツバチをはじめとする昆虫にとって、米国の農業環境は25年前に比べて48倍も毒性が高いとする研究成果が、学術誌「PLOS One」に8月6日付けで掲載された。最大の原因は、いわゆるネオニコチノイド系殺虫剤が広く使用されていることだという。
 毒性の大幅な上昇は、ハチ、チョウ、鳥などの花粉媒介者たちが急減したタイミングと一致している。「第2の『沈黙の春』ネオニコチノイドは新たなDDTのようなものですが、ハチに対してはDDTの1000倍も有毒。」

 今回の研究に携わったのは、クライン氏のほか3つの機関の研究者たち。「ミツバチに対する毒性」「殺虫剤が毒性を保つ期間」「年間使用量」を、新たな方法で測定したところ、農業が昆虫にとってきわめて有毒になったことがわかった。

 毒性上昇の原因の92%はネオニコチノイドにあった。「ネオニコチノイドはミツバチにとって猛毒というだけでなく、環境の中で1000日以上も毒性を保つことがあります」とクライン氏。

「幸いなのは、ネオニコチノイドは必須ではないということです」とクライン氏は続けた。「40年にわたる研究から、農業生態学(アグロエコロジー)に基づいた農法を用いれば、花粉媒介者を大量に減らすことなく作物を育てられるという根拠が得られています」(参考記事:「2050年の人口は100億人へ、食料どうまかなう?」)

「今回の研究は、有毒なネオニコチノイドが環境に蓄積されることを明らかにした点で素晴らしい。昆虫の個体数が減り続けている理由も説明できます」と、アメリカ鳥類保護協会のスティーブ・ホーマー氏は話す。

 昆虫が減るにつれて、昆虫を食べる鳥の数もここ数十年で激減している。しかも、その影響はほとんどあらゆる種の鳥に及んでいるとホーマー氏。「どんな鳥も、ライフサイクルのどこかで昆虫を食べなくてはなりませんから」

ネオニコチノイドとは?

 ネオニコチノイド系殺虫剤は、140種類以上の農作物に使われ、120を超す国々で使用されている。昆虫の中枢神経系を攻撃して、神経細胞の過剰刺激、まひを起こし、死に至らしめる。(参考記事:「鳥の減少は殺虫剤が原因か?」)
ネオニコチノイドは、浸透性の殺虫剤だ。つまり、植物が薬剤を吸収し、茎や幹、葉、花粉、蜜、樹液まで、全身の組織に毒素を取り込む。しかも種子から実、そして枯れ葉の中にも含まれている。米国におけるネオニコチノイドの使用は、ほとんどが種子のコーティング目的だ。トウモロコシとセイヨウアブラナの種子はほとんど全部、それに大豆と綿の種子、園芸用品店で売られるガーデニング植物も大部分が該当する。

 だが、その毒素のうち植物内に蓄積されるのはわずか5%。残りは土壌と環境へ移っていく。ネオニコチノイドはすぐ水に溶けるため、農場を経由して小川、池、湿地が汚染されていることが、これまでの研究で明らかになっている。

 今回の研究は、農地が昆虫にとっていかに有毒になったかを初めて定量化したものだ。
ネオニコチノイドによる種子コーティングが本格的に始まったころに毒性レベルが急上昇したことが示され、「養蜂家がハチの個体数減少に気付き始めたころでもあります」

以下省略…

詳しくは、リンク貼り付けてありますので読んでみてください!

ヨーロッパではネオニコチノイドの使用禁止と法律で定められましたが、日本ではまだまだ、規制より緩和ムード。

ミツバチにも影響が大きくならないように防御対策をしていかねばなりません。

生態系を崩すと、この先どうなってしまうのか?真剣に考えていかねばえらい事になります。

Categories: ハチたち | Leave a comment

早朝の草刈り

日中は、危険な暑さ。

なので、早朝に作業を済ませます。

じわり流蜜のリョウブもそろそろ終わりかけ、ここは搾らず集蜜の少なめな群に振り分けてやります。

そして残ってる養蜂場の草刈りもやらねば〜〜

とりあえず半面まで、もう少しやりたいですが吹き出す汗に無理は禁物。

そして…

午後からは、地元のカフェでライブでした。

初メンバーでしたが、とても相性良く今後の活動出来れば、色々楽しい事ができそうです!

さあ今日もがんばろ!

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

じわりと流蜜なリョウブ

今日から8月いよいよ夏真っ盛り!

チベット高気圧と太平洋高気圧が重なり危険な暑さの中、ミツバチは水を求め活発に飛んでいました。

そんな中、巣脾には透明な蜜が貯まりつつあります。前回のようなたった2日間でたっぷりと貯まるわけではなく、

今回のリョウブは、じわじわな感じです。

しかし、この暑さで産卵も少々鈍いので、ここは様子を見ます。

先日与えた特製天然花粉パテは、ペロリと完食。この暑さのピークが過ぎたら2枚目を与えます。

それにしても、ゲリラ豪雨とか、急激な高温とか、なんとかして〜〜。

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

何度も何度も、読み返すべし

養蜂を始めて、夫もこの本を何度となく読み返していました。

今までの経験上と近年の病害を鑑みても、やはり基本的な事が重要。

結局は、先人が培ってきたやり方になると思います。

それに逆らわず、プラスαしつつ…

養蜂は奥が深い…

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

やっと梅雨明け

例年より8日遅く、昨年より2週間遅い梅雨明け。

8時も過ぎればめちゃ暑くなるので、今朝は早めに養蜂場へgo。

カラスザンショウ、リョウブの開花から少し経ちますがさほど花粉も集めてる様子がないし、産卵もイマイチ…

という事で、チャララ、ラッチャラーン♪ 特製天然花粉パテを投入しました!

これから一ヶ月は越夏させる事に集中です。(ミツバチがバテないようにケアせねば。)

植物観察もすると…ヌルデの花芽も出始めました。(いつもより早いような気がします。)

4・5年前に、入らないだろうなーと思っていた時、たった二日間でパンパンに貯めたリョウブの大量流蜜。今回はどうなるんだ??

とは言え今年は春からじわり流蜜な年。(と自分勝手な解釈ですが汗)

何があってもいい様にサッと動けるように準備です。

まだ継箱と7枚箱と冬蓋の洗浄と防腐塗装やスムシ対策の菌つけ…

あーーーーやる事山積みだ!とは言え、忙しいのはまあいつものことだな。

修行修行 ‼︎

Categories: ハチたち, 植物たち | Leave a comment

7 回目の月命日

今朝も先月と同様にお決まりのマルシンハンバーグをお供え。

そして今月のフラワーアレンジメント

昨日から天気回復で、朝から洗濯機フル稼働。梅雨明け宣言まだかなー?

そして養蜂場へも内検と草刈りに出かけました。

巣門の前の伸びた草を刈り取り綺麗さっぱり‼︎

オリンピック開幕までちょうど1年。来年の今日からなんだ〜〜…あっと言う間に来そうです。

いつもなら真夏は少し休憩が出来るのですが、今年はまだまだやる事たくさん(−_−;)

でもがんばろ〜

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

ひっさびさの晴れ〜!

今朝起きてカーテンを開けるとうっすら青空が見え、子どもたちを送り出す頃には良い天気に。

洗濯機を回転させながら、養蜂場へ行く準備。

やっぱり太陽がみえるのはイイ‼︎

内検を済ませ、トウネズミモチに近寄れば、ブンブンと羽音が聴こえ色々な昆虫が集まってました。

途中のリョウブにも昆虫が寄っていたので、今後は注意深く観察です(汗)

Categories: ハチたち, 植物たち | Leave a comment

初盆

昨日は、午後から家の外壁塗装の見積りを出すため業者と話、そのあとはお盆に向けて材料の買い出しへGO!

夫が亡くなってからの初めてのお盆という事で…

「こりゃあ、しっかり飾り付けせねばいかんでしょ〜〜。」祭壇を買うのはお高いので断念。

その代わり、家にある台などで対応します。

青笹は、養蜂場で刈り取り、ホオズキ、盆花のアレンジメントはいつものお花屋さんに。

蓮の葉は頂き、ミソハギの入手が大変困ったのですが、諦めかけていた時カーマの園芸コーナーにポットが…「ラッキ〜!」

昔々の記憶を辿り、実家でおばあちゃんがお盆の時に準備していた光景が蘇ります。

母親に何度も電話して、「どうだっけ?何を買えばいい?」などと久々に親子の何気ない会話も、少〜し嬉しく。

年に一度戻ってくる故人を想いながらの作業はまったく苦ではありません。

夕方は迎え火を焚き、好物とお酒もお供えして偲びます。

Categories: 日常の出来事 | Leave a comment

早速、巣箱の移動。

今朝は、小雨。

この位の雨ならばミツバチも活動が最小限なので思い切って移動。

一年のうちで群数が今は最大数の時期で、まだ未交尾の群も多く、気が進まないのですが仕方がない…

出来る限り協力すると言った以上は、早めの行動を…

2往復し、ここでの群数は半分くらいになりました。

でも移動先の養蜂場はMAX状態…

植物観察も。トウネズモチも開花し甘い香りが漂っていて、雨上がりにはいろんな昆虫が寄ることでしょう

今年のリョウブは花芽の数がとても多くこの条件で流蜜するのか?まだ読めず…でも準備していつでも動ける様にします。

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment

ミツバチを飼う環境の難しさ

昼過ぎにピンポーンと来客が…農林課の方がみえました。

「誠に言い難いのですが、ミツバチの糞害の報告があり…」

話を聞いていると、自動車塗装業者からとの事。

今まで散々糞害については移動の先々で苦戦しました。夫と四苦八苦しながら場所探しを法務局へ何十回と脚を運び、

ジプシーのように場所を転々とし、13・4年ほど前から置いてある山林で苦情の無かった養蜂場の真裏を購入する事が出来た為、

そこに二つを集約し一安心していました。

しかしここに来ての苦情。

「よ〜く解ります!先方の方のお気持ちは。」せっかく綺麗に塗装したての車にミツバチの糞。

うちとあと2件飼育されている方がいるので、はっきりとした確証と立証が直ぐ出来ない。とはいえ、

群数は他の2件よりうちが最も多く、(あくまでも確率なので…)

もちろん苦情が出た以上は、少しでも減らす方向へ協力させて頂き移動させますが…

自由に飛び回る以上は、ミツバチもここに行くなとは出来ません(泣)

どんどん自然がなくなり、建物も増え貴重なミツバチを飼育する事も難しい。

ミツバチが毛嫌いされる世の中は大変です。

雨が明けたら、早速出来る限り移動開始。(分割も中止だな(泣))

ここではこれ以上増やせないので、ミツバチを絶やさない様にさらに慎重に進めないと。(生活がかかってます。)

これからダニ対策に加えオオスズメバチやキイロスズメバチなどの天敵にも目を配らせねば。

Categories: ハチたち, 日常の出来事 | Leave a comment