まる井養蜂園のプロポリス|国産蜂蜜(はちみつ)まる井養蜂園

まる井養蜂園がつくる国産地蜂蜜は、自然豊かな岐阜県東濃地方の環境で育った蜂たちが集めた一切添加物の入らない天然の国産のはちみつです。

TOP新商品のご案内

販売開始|ニュージーランド産 マヌカハニー

マヌカはニュージーランドだけに自生するフトモモ科の樹木です。白い花が咲き、そこから採れるハチミツは、古くから薬効ハチミツと言われ、特に殺菌・抗菌作用があると知られています。
また、マヌカハニーにしかない、独特な抗菌活性が確認され胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌に対して特によく作用すると言われます。
朝・晩小さじスプーン1杯半程度、舐めるだけで効果的です。
(お口の中の殺菌にもおすすめです。)

(UMF20+) 250g入り ¥6.000-(税込)
ご購入はコチラから
☆UMF5+~UMF25+などの表記について
マヌカハニーの殺菌作用を数値化することで、
一目で分かりやすく表わしています。
※数値が高ければ高いほど殺菌作用が強く、価格も変わります。
  当園では、UMF20+のグレードものをご用意しています。

自家製|完全蜜ぶたのみミツロウ|数量限定

採蜜時に切り落とす蜜蓋のみを集めて作った、天然ミツロウ100%の商品です。

ミツロウについて
働き蜂は、花蜜などから作られるハチミツを原料として体内で蝋を合成します。腹部腹板にある蝋腺(ろうせん)と呼ばれる器官から分泌され、蝋腺から分泌される蝋は液体ですが、分泌後はすぐに固形になります。働き蜂は蝋腺から分泌される蝋と花粉などを混ぜ合わせてハニカム状の巣を素早く作っていきます。
※西洋ミツバチの養蜂では、巣枠に巣板(ミツロウのシート)を貼り、それを基に働き蜂は、ハニカム状の巣を作っていきます。
そこにハチミツをたっぷり蓄えて蓋(ふた)をします。
その蓋(ふた)だけを、今回使用しました。
数量限定  30g ¥1.200-(税込)
ご購入はコチラから

~ご家庭で簡単に手作りできるバームのご紹介です~

材料
・クリームケース:30g用 ・ホホバオイル:15g
・シアバター:10g・ミツロウ:5g
※お好みでアロマオイルを数滴

オイルやバターは、お好みの物をご用意してください。
全体量に対してミツロウ5~6gが目安です。
少し固めがいい場合はミツロウを増やしてみてください。
簡単ミツロウバームの作り方
  1. ミツロウをテフロン鍋へ入れ、弱火で溶かしていきます。
    (ミツロウの融点は約63度です。)
  2. 溶けたら、火を止め、オイルとバターを入れ木べらなどで混ぜていきます。
    高温になりすぎると、オイルが酸化しやすくなるので、注意しましょう。
  3. 少し白濁しますが、透明になるまで混ぜていき、固まりが溶けれなければ少しだけ火を入れます。
  4. 香りをつけたい場合は、ここで入れます。
  5. ケースに入れて固まれば出来上がりです。

防腐剤など入ってませんので、なるべく酸化しにくいオイルで手作りするのがおススメです。かかとのカサカサや荒れた唇や手荒れに良いレシピです。
(クルクル指で暖めながら使ってみてください。)

リップチューブなどもあれば、作る量を増やして、オリジナルリップも作れますよ。

  1. オイル・バター・ケースなどは、ネットショップの手作りコスメで検索できます。
    お好みでお取り寄せしてみてください。